Browse Month: 1月 2017

どの肺がんを学ぶような避妊方式はセクシーに最も良いです

総合きゅう、く月26日は世界の避妊日、目的は若者の避妊意識向上を促進し、若い人は自分の性行為と生殖健康に責任を選択、安全避妊率、生殖健康教育レベルの改善を促進することによって,若者の生殖健康康健と性.どの種類の避妊方式のセクシーなのは最も良いです.

は、いくつかの避妊方式が、いくつかの避妊方式を、いくつかの避妊方式をpは以前から数千年前、避妊手の工夫を始めていて.古代ギリシャと古代ローマの時期、女性は蜂蜜、ガムなどを入れ膣内に詰め込む、避妊障壁として.中国では、人々はシルク油紙を、布などを詰め膣……これらの方法は失敗率が高く、またセクシーさと快感にも影響を与えることができて.医学の技術の発展につれて、現代避妊技術を提供する男女男女の親密なセックスに信頼できる手段.でも、一部の人は避妊の措置が影響することを心配して生活して、いくつか男性は甚だしきに至っては心理の影、出現性障害がある.だから、夫婦は各種の避妊措置の対性生活に対する影響を理解する必要があることを理解する必要があります.

避妊薬の主成分は人工合成プロゲステロンのエストロゲンと、多くの女性にとって、その性生活に対しての影響は爪の垢ほどのが、一部の女性が性欲の方面の変化.しかし多くの専門家は、合理的に使って、性生活に影響を与えないと思っています.

コンドームは理想的な避妊方式で.しかし多くの男の人はコンドームを性生活、快感が按摩に眼镜感じ.製造技術の進歩、コンドームが薄くなり、形も改善(粒子型,肺がんを学ぶ、ねじタイプなど),これまで進歩的にセクシーに影響を減少され、性愛時間が延長されます.

には、出産後の夫婦、正常な状況に影響を与えることはありません.一部の女性はちょうど使用避妊リングに適応しないで、月経期が延長され、少量の増加量、一部の女性も腹部不快や月経腹痛、この可能性生活に悪影響を及ぼす;もし避妊リング尾糸引きずり込ま腟、刺激しかねない男性ペニス、男性性交過程の中に痛みを引き起こす、性生活に影響を与える.

不妊手術は一種の永久の避妊措置は、主に女性卵管結紮術と男性精管不妊手術.不妊手術不干渉性ホルモンの分泌に影響がないため、性生活.しかし手術は部分人の心理的不利な影響を与える可能性が出てからまだ手術合併症影響性愛、例えば女性不妊手術後の感染が、出血など、男性精管不妊手術後は局地的に固まると副睾丸症などの堆積.

全体的に、現代避妊措置は干渉性生活、また、意外妊娠の心配、性生活にも役立つ.

pは避妊方式を選択して注意しなければならない問題

を選択するPは安全で楽しいセックスを獲得し、便利で快適な避妊方式を選択しようとしている.一般的には、、