賀龍着ないの肺がんを学ぶ活動銀河核布靴

1929年、賀龍司令官は湘鄂西革命根拠地を堅持して敵と苦しいたゆまない闘争.その時、環境で、物資の不足、賀龍同戦士たちのように草鞋掛けで歩く.一度の行軍賀龍の足、たくさん穴が割れて、歩くと流血.ある日、一人の六十代のお百姓さんに渡し、キャンプ、両手に賀龍ひとペアの布靴.彼はかわいがる賀軍団長、あなたは私たちの苦労に敵を殺し、どうしてもあなた草鞋掛けで歩く.今日は、村の庶民をお届けひとペアの布靴ですが、どうぞお納めください! 賀龍感動し、感動にありがとうございます同郷の人達の気持ちを、この友情はわかったが、この靴は私が受け取れない!同郷逆らえないので、そっと布靴を挟んで賀龍の枕の下に.など賀龍した時、人はとっくに遠くなって行く.賀龍靴を渡して警備員、彼に渡して物資供給所.警備員はしたくない.賀龍真面目に言って:“私達は紅軍の戦士が草鞋掛けで、私一人で着布靴ですか.私たちは赤軍は、頼って将兵一緻、苦楽を共にして困難に打ち勝つ勝利.あなたは、私はできることは司令官から特殊ですか?全国の解放したとしても、これでは良い生活、わらじを履く革命精神をなくしてもできないよ!」 賀龍司令官は、戦士たちと同じ草鞋掛けで、飲み稀スープは敵としてきわめて苦しい闘争を受け、全軍の上下の擁護と人望.

コメントを残す