見張り、肺がんを学ぶ江國香織浄土

言葉も涼

文/言葉も涼

〈1〉

太陽焼き大地、遠くの建設現場からミキサー耳障りな声に交じって鈍い音.歩行者だけが、一貫した表情.車両に止まらず、帆黄砂が、すべての人はすべて思わず顔を押さえる.すべてのすべて、まるで機械化が決まった格.はにぎやかですか.まだ無関心?知らない答え.

燈闌珊の街には、時が見つからないの足がかり.私は、私たちを進歩して、それでは私達に流されて尾行しますか?しかし私は、私の答えを見つけたい切実.

〈2〉

良い1つの緑の割陰、一生懸命追いかけて春の終わりに、1基の辺鄙な村に来ました.しかしこれは最終的なため、私達はあの山を越えて、その地図の小さい.空を見上げて、朝の光は日光マイクロ、空気中に充満草と土の香り.

昨夜の雨の後、道がひときわ艱苦、私たちはよりも足元の道はどんなにぬかるみ.すべての圧力を、茂みの森の中を歩いて.いわゆる道はもうとっくに草が覆いが鈴なりに、私はまだその可否を道で、ただひとつ探して可能な小径 .太陽がゆっくりと昇って、茂みに風を通さないの障壁は、ある束の透過がっちりとの木の隙間、こぼれて、まるでひとつひとつ腕白で、シャトルはジャングルで遊んでいるかくれんぼの間.まるで仙境のように、もしかしたら、これは安寧.

必要ない復雑な音楽、一両だけ早く目覚めた鸣蝉、とっくに待ちかねに登った梢、疲れを知らずに暴れ.の前行の足どりにおいて、たまに少し知らない鳥、ボロボロを遠くへ.道中で皆さんは少ない言葉、恐れずにここに静かに邪魔をして.

どれだけか翻山を数十曲がって、目の前になる.数十人の小さな農家はちゃんと列の麓に沿って、低い屋に見渡す限りの緑、少しもいとおしい、それは別の1種のカバー.ドアの前に道はくねくねと続く渓流、ふもとから流れて延び、知らないで、またどこへ行くのか?

真昼の太陽は、全体の山あいに撮って明るく、小さな山村まま飾らぬ明らかにして、すべての人の前で、私達は思わず驚嘆、やはり人間の自然に負けた.忙しくなった午前の山地の住民を担いで鋤山から帰ってくると、好奇の目で見ていた私たちは.歩いたのは午前中は飢渇).その中の1位をじっと見て、そこで、私達のもとに行く、それに懇願彼女の家で休む.彼女は笑うが、しきりにうなずいて.どうやら彼女は五十ぐらいで、体はまだ丈夫丈夫で、はこの水と土のおかげでしょう.

コメントを残す