肺がんの症状について

肺がんは初期段階では症状を自覚しづらく、身体の異変に気付いた時にはすでにがんが進行しているというケースが少なくありません。

風邪をひいたわけでもないのに一ヶ月以上空咳が続く、胸が痛む、痰がでるといった場合は、肺がんを疑ってみることをおすすめします。

肺がん肺門型と肺野型また、肺がんの初期症状は、肺門型の場合は自覚しやすく、肺野型の場合ほとんど自覚症状が感じられないという特徴があります。

更に、肺門型の肺がんは、胸部レントゲン検査で早期発見することが難しく、肺野型の肺がんは胸部レントゲン検査で見つけやすいという傾向があります。

肺がんでは早期の発見はすごく重要です。もし下記の症状がありましたら、ぜひご注意ください。

肺がん患者の方の大半に見られる初期症状が咳です。

普通の風邪や気管支炎などに似た咳が出るため、咳が出るというだけで肺がんを疑う方は少ないかもしれません。

喀痰

肺がんによる喀痰は、気道が閉塞することによって内分泌物が溜まってしまい、気道が炎症を起こして痰が溜まってしまうことで起きます。

酷い風邪をひいた時などに喀痰が出ることはありますが、熱もなく空咳が続いていた状態で喀痰がみられる場合は、肺がんを疑ってみて下さい。