男性「性」には男性「性」が主導肺がんを学ぶしている

" p "は、ホルモンコントロールのは女、男も逃げない手のひら心、すべて男は雄ホルモンコントロールの操り人形.

私たちは万能ではありませんが、オスもしてはいけないという専門家は教えていません.

" p "男"は、あんしょう"は、"

普段聴いた女は生理週期は、元の男にも逃げない面倒の嫌がらせが、男性の理解はまだ多くないと思うは仕事に疲れて、人間関係がうまくいかないことが原因で一時的に圧力.実は、以下の症状は男性の生理期と表現している可能性があるということです」.

1、いつも読書に乗っているが、本を読んだりテレビを見たり、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ,肺がんを学ぶ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ,テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ,テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビ、テレビP2、冷ややかになり、無関心で、あなたは自発的に話すのを見ました
.あなたが近づくと、彼は慣れていないと感じて、

は慣れてない;

P3、話しのリズムとイントネーションが遅速になり、音が低く、言葉が低く、言葉は清、吃音、吃音、吃音;

P4、時々着火、あるいは、わけのわからないことを心配している;

p> <ご、目は暗く、かならず回避?そしてとてももろくて弱い;

ろく、いつも一人でタバコを吸っているつまらなくて、そして時々長い息を粗气;

p7、総は忍受、性急、性急になります;

p>はち<、見た目ちょっと内気、憂鬱、憂鬱な.

PはしていないPとPはありません." p "男はあんしょうあんしょう、主は男性性機能が雄ホルモンの影響を受け、週期性反応、医学専門家と男性の低潮現象.これは実は1種の生物のリズム変化、ホルモンレベルの変化の結果です.ある人のリズムは明らかで、ある人は明らかでありません.男性"を維持するためには、オスホルモンは、".

" p "一生のサイクル:関係者が20歳近くの研究で発見、約40歳ごろ、男子体内ホルモンレベルが低下し、10年で10年減少しているという.同時に、うつ病は常に来ることと力、忍耐力、記憶力、記憶力と身長がダウンして、すべてこの変化の徴候.このような徴象は人々がよく男性経閉期.また、栄養水準やかどうかよく鍛えて、男性経閉期にも影響が朝晩.

は毎年のサイクル:専門家が指摘、オスホルモンレベルは季節に従って変化すると指摘している.この春、通常は男が一番心揺れたりの季節は、一年で男の体内のオスのホルモンのレベルは最も安値.研究は、性の行為の頻度の最高の月は10月で、つまり、オスは秋になってから、澎湃と澎湃始めたということです.秋に種まき、人々の

コメントを残す