不眠の肺がんを学ぶ原因に男の性欲が減退

不眠の原因に男の性欲減退医網が招く結果要旨:眠れないか?不眠の結果だけではなく、眠れないと、翌日の効率は高くなくて、男の人にとって、不眠がつながるインポテンツ早漏などの悲劇.みんなの圧力はますます大きくなって、夜もよく眠れないで、しかし多くの男はゆっくりと発見の自分の性能力も次第に減退しました.そこで、という人が眠れない、人の性欲減退発生.それは本当でしょうか?私に来てみんなにこれはいったい本当.アメリカの睡眠によって基金会の調査によると、昼間うとうとしている人は、肺がんを学ぶ、たくさんの可能性、人の深刻な性欲減退.そして、人は長期に深刻な睡眠不足はテレビを見ることによる.ロシア新聞網によると、3月30日の報道によると、アメリカ全国睡眠基金会は2004年9月20日~11月7日の間に1500人の大人が作った社会調査.その結果、75%の回答者が睡眠不足や不眠現象.中には、50%の回答者が週期的に認めて睡眠の問題に出会う、25%人称自分の睡眠規則され深刻な破壊.これらの回答者に認められて睡眠の質を差の問題が一番よく結果、性欲の衰退を家庭矛盾.調査では、慢性的な睡眠不足の原因によるまずテレビのせいにし、87%の人は寝る前によくテレビ番組を見て、列位の原因はベッドの上で読む.アメリカ睡眠基金会が提案し、大人が毎日7~9時間の睡眠.このようにようやくもっと良いことができるの体の健康を促進.だからもし習慣徹夜の習慣で、それは適時にの改正.だからみんなはきっとよ十分な睡眠を保証して、自分に健康な生活.

コメントを残す