インディアンの肺がんを学ぶミニスカCA壁

砂漠の気候は非常に特殊.昼間、真っ赤な太陽を砂の反射と熱量の累積、人を生きたまま死んで焼き、夜、広野とは無関係荒寒場合が氾濫し、が氾濫し、また人をかじかんだ.

にもかかわらずこんな恐ろしい砂漠気候、ミニスカCA、アメリカインディアンは、すこぶる覚のんびりとそこに住んでいて、彼らの建築物に災いを転じて福となすの機能.

砂漠の中では、インディアンの壁を特別に設計された、厚みは程よい――昼間灼熱の太陽が焼けない透あのひだまりの壁は、熱透時、夜は降臨.そこで外で冷たい耐え難い夜、それに熱い土塀がゆっくりと昼間の熱量を放つそれを蓄え、室内になる.

その壁の薄い

いくつか、昼は室内になるオーブン、夜も配布できない十分な熱.もしあの壁厚のいくつかまた、昼間は暑いに至って、夜は透でも熱、寒く.

このすべての奥妙

はその厚いない薄い壁.

p> <かどうかに関わらず砂漠に住んで、私達のすべての人はすべてこんなに塀を殘して―――時の賛美失意で敵の矢を射;次、私たちとして兵器不足時の武器を批判して、他人の言葉を有用な提案をもたらすことしかできなくて、余計な罪悪金を殘しておく、後日可能な貧困.まるでインディアンを焚人の日光、寒い夜に殘して.

コメントを残す