肺がんの基礎知識の知らせ

肺がんは肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものです。肺がんは進行するにつれて周りの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパアイコンの流れに乗って広がっていきます。それに、近年、肺がんは日本人のがんによる死亡原因のトップとなりましたが、まだ増加する傾向にあります。

なお、喫煙が大部分の肺がんに関連していることがわかってきました。副流煙(近くでたばこをすっている人の煙をすってしまう)の害もかなり大きいことが判明してきました。喫煙者の方には申し訳ないですが、もう自分の嗜好だけの問題ではなくなっています。やめていただくしかないでしょう。

一般に肺癌と言われる場合、大きく分けて、3種類の場合があります。それぞれに治療法が異なるので、自分がどの種類の病気かを確認することが重要です。

非小細胞肺癌

非小細胞肺がんは、小細胞がんではない肺がんの総称で、肺がんの約80〜85%を占めています。腺がんアイコン、扁平(へんぺい)上皮がんアイコン、大細胞がんなど、多くの異なる組織型があり、発生しやすい部位、進行形式と速度、症状などはそれぞれ異なります。いずれの場合も化学療法や放射線治療で効果が得られにくく、手術を中心とした治療が行われます。

小細胞肺がん

小細胞肺がんは、肺がんの約15〜20%を占め、増殖が速く、脳・リンパ節・肝臓・副腎・骨などに転移しやすく悪性度の高いがんです。しかし、非小細胞肺がんよりも抗がん剤や放射線治療の効果が得られやすいと言われています。

転移性肺腫瘍

1つ例を挙げましょう。もともとの癌が大腸癌であれば、大腸から肺に飛び火して、肺に腫瘤をつくった場合を言います。もとの大腸癌が治療されており、肺以外の部位に癌が残っていない場合、手術を行うことがあります。

肺がんになると、まずは肺癌の検査を受けて、ガン細胞の種類の確定と病期の決定にあります。手術の予定である場合は、手術に必要な検査がこれに、加わります。肺癌のガン細胞の種類の確定には苦痛を伴う検査が必要となりますが、主治医とよく相談してできるだけ早く診断をつけましょう。

オススメサイト情報

レビトラの成分であるバルデナフィル(PDE5阻害薬)とは、サイクリックGMPのような、勃起する為に必要な成分を分解してしまうPDE5を阻害する働きを持ちます。

実は女性用媚薬のような男性用媚薬を飲むとその興奮効果で、いつもよりペニスの立ちが良くなるものですがこの際に根元に埋まっている部分も若干出てくるために勃起時にはいつもよりもサイズアップが成されやすくなります。

効果の上、体状態の違いで個人差がありますが、ED治療薬の中で、シアリスより持続時間長いのはいないと思います。ではなぜこの薬は長時間持続することができるのか。

ED、勃起不全、早漏など悩みがある患者にお勧めの一品で、ぜひお見逃さなく!

バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」にはこの5型ホスホジエステラーゼの働きを妨害し、環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぐ効果があるのです。

タダラフィルは2005年9月に厚生労働省に承認されました。2007年で日本市販に発行されました。2011年アメリカで前立腺肥大症に対して承認しました。タダラフィルはタダラフィル20mgとタダラフィル100mgがあります。